2011年02月03日

節分

今日は節分ですね。
今晩は豆まきをして、最近流行の恵方巻を食べました。

2011_0203.jpg

節分は、現在では立春の前日(2月3日)をさしますが、もとは季節の終わりの日である、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日のことを言いました。節分が特に立春の前日を指すようになったのは、江戸時代以降のことのようです。立春を一年の初めと考えるため、現在の大晦日と同じような意味があります。

節分といえば豆まきですが、豆で邪鬼をはらう行事が初めて行われたのは、室町時代の京都だそうです。
江戸時代になり、春をむかえる厄払いの行事として、諸国の神社や家庭にひろまり、年齢の数だけ豆を食べたり、邪気の侵入をふせぐ意味で、ヒイラギの先にイワシの頭をさして戸口にかかげたりなどが行われるようになったようです。

最近では、恵方巻といって、節分に食べる太巻きがブームになっていますね。節分の夜にその年の恵方(歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、無言で太巻きをまるかじりするそうです。

現在の豆まき用の豆、イワシとヒイラギや恵方巻などの販売は、商業戦略ではあると思われますが、季節の行事が継続されていくことは、伝統を後世に残す意味では良い事なのかもしれませんね。
posted by 今田 at 23:41| Comment(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。