2018年06月21日

夏至

先日発生した大阪北部地震で被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

2018年は、6月21日(木)が夏至(夏至日)です。

北半球では、最も昼の長く夜が短い日です。
(二十四節気では次の節気の小暑(今年は7月7日)の前日までの期間という意味もあります)

暑さはこれからですが、昼が少しずつが短くなるとも言えます。


さて、今年の梅雨は梅雨らしい空が続いていますね。

湿度が高いと汗をかいても乾かないので、思ったほど身体から水分が出にくいために、身体に水分が溜まりやすく、むくんだり、身体が重く感じたりしやすい季節です。

少し気温が上がると、「熱中症に注意」「水分はこまめに取りましょう」などの言葉をよく耳にしますが、取り過ぎには注意が必要です。

冷たい飲み物を一気に飲んだりせずに、少しずつ適量飲むように心がけましょう。

暑さはこれからですので、少しずつ暑さに慣れていくことも大切です。

梅雨明けの暑さはどうなるのか?ちょっと心配ですね。


posted by 今田 at 21:42| Comment(0) | 暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。